予防歯科とは?

予防歯科「歯医者は痛みが出てから行くところ」とイメージされている方は多いのではないでしょうか?
しかし、歯科医医療の進むアメリカでは、歯医者は「治療する必要がないように予防するところ」と認識されています。

痛みが出てからの治療は必然的に治療時の痛みが増し、治療期間も長引くなどして、患者様の負担を増やす結果を招きます。生涯を通じて自分の歯を使い、年を重ねても食事や会話を楽しむためには、症状が出る前にしっかりとお口のメンテナンスを行い、口腔衛生を維持することが必要不可欠なのです。

当院では予防を常に視野に入れた診療を行い、患者様の歯を末永く守るためのお手伝いをしています。

プロフェッショナルケアとホームケア

当院の予防歯科では、歯の専門家によるプロフェッショナルケア(お口のクリーニング)をご提供しています。
お口の中に蓄積された歯石やバイオフィルムを取り除くことで清潔な口内環境を整えます。
また、必要に応じて適切なホームケア(ご自宅でのケア)をご提案し、良好な口内環境を維持するためのアドバイスを行います。

歯科医院で行うプロフェッショナルケア

まず、当院では患者様のお口の中を清潔に整えるため、歯科衛生士が患者様の口内を専用の機械とペーストを使用してお口のクリーニング(PMTC)を行います。

PMTCを行うことで、普段のブラッシングではキレイに汚れを落としきれない奥歯や歯の裏側、また歯と歯の隙間などを徹底してクリーニングし、虫歯や歯周病を予防します。また、ご希望の患者様にはエアフローと呼ばれる機材を用いて、微細なアミノ酸粒子を歯の表面に吹き付けることで、コーヒーや紅茶、タバコなどによる着色汚れを落としていきます。

このように、PMTCでは歯の着色(黄ばみ)を落とす効果に加えて、口臭の予防効果にも優れており、多くの患者様よりご好評いただく人気の診療メニューになっています。

〉〉PMTCの流れを詳しく見る

自宅で行うホームケア

歯科医院での歯のメンテナンスを「プロフェッショナルケア」と呼ぶ一方、患者様自身がご自宅で行うお口のケアを「ホームケア(またはセルフケア)」と呼びます。

虫歯や歯周病から歯を守るもっとも基本的な方法はプラークコントロールです。プラークコントロールとは、適切なブラッシングを継続的に行うことにより、口内の細菌量をコントロールし、お口の中を健康に保つ予防方法です。
適切なブラッシングを続ければ、即効性はなくとも、長期的には必ず歯を長持ちさせることに繋がります。口腔衛生のプロである歯科衛生士のアドバイスをしっかり実践し、お口の健康を守っていきましょう。

正しいブラッシングのポイント  歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。
 あまり力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
 歯ブラシは小刻みに動かします。
 1ヶ所あたり10回~20回程度磨くことでキレイになっていきます。

良好な口内環境を維持するため、3~6ヵ月に1度は定期検診を受けましょう

歯科検診ここまでご紹介したとおり、生涯を通じて歯の健康を守るためにも、歯科医院とご自宅両方での予防管理が必要です。特に、治療後の患者様は清潔な口内環境を維持するためにも、3~6ヵ月に1度の間隔で定期検診を受診されることをオススメいたします。

歯科医院と患者様とで協力して予防管理を行い、末永くご自分の歯を使っていきましょう。