インビザライン(マウスピース矯正)

当院ではインビザライン矯正を行っております。インビザラインとは、アラインテクノロジー社が提供している、全世界100カ国以上の国で治療実績が800万人を超えるマウスピース矯正です。(2020年1月時点) 日本でも多くの方がインビザラインによる矯正治療を受けており、現在世界で最も広く普及しているマウスピース矯正です。

当院でインビザライン矯正を受けていただくメリット

矯正専門医による矯正治療

当院の矯正歯科治療は、矯正治療の専門医が担当致します。本来歯科医師であれば、誰でも矯正治療を行うことができます。しかし、歯科矯正は緻密な診断能力や、治療技術などの専門的な知識が不可欠です。そのため、当院では歯科医師免許を取得後、矯正歯科を専門的に学び、臨床経験の豊富な矯正治療専門のDr.による治療を行っております。安心してお任せください。

矯正治療中の虫歯も当院で治療

矯正治療中の虫歯も当院で治療

矯正治療中に虫歯が発生してしまったり、歯周病になってしまった場合には、当院で治療することが可能です。病状の情報交換も院内で行うため、治療もスムーズに進みます。他の歯科医院に紹介状を持って治療に行っていただく必要もございませんので、患者様の負担も軽減されます。

インビザライン矯正の特徴

目立ちにくい

目立ちにくい

一番の特徴は、周りが付けている事に気が付かないほどの目立ちにくさです。透明で薄いマウスピースは見た目を気にする心配がございませんので、お仕事の時やお写真を撮るときなどでも、普段と同じように笑っていただけます。ワイヤー矯正のように金具も使用しませんので、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けていただけます。

痛みと違和感が少ない

痛みと違和感が少ない

インビザラインのマウスピースは、特殊な素材で作られています。0.5mmほどの薄いマウスピースは装着中も違和感が少なく、慣れてしまえば日常生活に支障をきたしません。また、ワイヤーによる矯正治療では、固いワイヤーを使用し歯を引っ張って動かすため、どうしても痛みが強く出てしまいます。しかし、マウスピースによる矯正は、柔らかい素材で少しずつ歯を移動させていくので、矯正治療中の痛みが少ない傾向にあります。口内炎などの心配もほぼございません。

急な来院が不要

急な来院が不要

ワイヤー矯正では、食事中などに装置が外れたり、ワイヤーの端が頬に刺さったりした場合、急患で来院して頂くことが多々あります。一方インビザライン矯正では、装置が外れてしまう心配はございません。お食事も矯正前と同じようにお楽しみいただけます。インビザライン矯正は、お忙しい方にも最適な矯正治療法です。

虫歯になりにくい

虫歯になりにくい

インビザライン矯正は、装置の取り外しができる矯正治療法です。磨き残しによる汚れが器具に蓄積することもなく、フロスで歯と歯の間をお掃除することもできますので、虫歯のリスクも従来のワイヤー矯正に比べ激減されます。

精細なシミュレーション

インビザライン矯正では、アラインテクノロジー社独自の治療計画が立案されます。シミュレーションでは、コンピューターが設計、予測した治療の過程や、完成した歯並びが3Dによって作成されます。最終的な歯並びと治療途中の歯並びが確認できることにより、安心して治療を進めていく事が可能です。

治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング カウンセリング

初めに問診票の記入をしていただき、矯正専門医がお口の中を拝見します。その後、今の歯並びと咬み合わせの状況や、インビザライン治療の流れなどをご説明いたします。疑問点や不安なことがございましたら、お気軽にお尋ねください。

精密検査と診断

精密検査と診断 精密検査と診断

矯正治療を始める前に、治療の計画を立てる為の精密な資料を取っていきます。この精密検査には虫歯や歯周病がないかどうかのチェックや、お口の中とお顔の写真撮影などが含まれます。また、矯正治療では骨の情報も重要な為、数種類のレントゲン撮影も行います。矯正治療が円滑に進むように、収集したデータから担当医師が分析と診断をした後、治療計画のご説明をいたします。

お口の中をスキャン

お口の中をスキャン お口の中をスキャン

診断後、インビザラインを作製するために歯型を採ります。当院では粘土のような材料を用いた方法ではなく、iTero Element(アイテロエレメント)という、3Dスキャナーでの歯型採りを行っております。材料を使用しないため、息苦しさや気持ち悪さはございません。歯型の変形もなく、材料を使用した歯型採りよりも正確なデータを採取することができます。この精度の高さは精巧なマウスピースの完成と、スムーズな治療進行に必要不可欠です。また、iTero Elementはスキャン後すぐにデータがコンピューターに取り込まれますので、マウスピース作製依頼までの時間が短縮されます。これにより、従来の方法に比べ早く矯正治療をスタートすることが可能です。

治療開始

治療開始 治療開始

スキャンからマウスピースの完成までは、約1~2カ月程お時間がかかります。データを基にアラインテクノロジー社で作られるのが、カスタムメイドのマウスピースです。来院していただいた際、マウスピースを試適し、患者様ご自身での取り外しができるかどうかをチェックいたします。問題がない場合、装置のご説明をさせていただき、その日からインビザラインによる矯正治療がスタートします。約1~2週間おきのマウスピース交換と、1日20時間以上の装着をおこなっていただきます。

通院

通院

1カ月~2カ月に一回来院していただき、計画通りに歯が動いているかどうかの確認をさせていただきます。追加のマウスピースがある場合、随時お渡しいたします。

インビザライン矯正に関するQ&A

マウスピースを装着した状態で会話は問題なくできますか?

装着した当初は発音する際、どうしてもマウスピースの淵に舌が当たり、喋りにくくなります。しかし、インビザラインのマウスピースは、柔らかくフィット感に優れており、口腔内と馴染みやすい素材でできています。そのため、多くの方が1週間ほどで、装着していない時とほぼ同じようにお話しできるようになります。

マウスピースを交換するだけで、本当に歯が動くのですか?

インビザラインのマウスピースは、精密検査で収集したデータを基に、アライン社のコンピューターが作製します。その緻密な設計で作られた密着性の高いマウスピースが、歯に対して持続的にしっかりと矯正力を加えるため、マウスピースのみでも歯を動かす事ができます。しかし、マウスピースの装着時間が短いと、歯は計画通りに動きません。それにより、マウスピースの使用時間は十分に守っていただくようお願いしております。

治療費はほかの矯正方法よりも高いですか?

インビザライン矯正は、実績もあり最新の技術が用いられている為、他の矯正方法よりも費用が高めになっております。しかしインビザライン矯正には、他の矯正では得られないメリットが数多くありますので、矯正治療を行う際にはインビザラインを選択する方が多くいらっしゃいます。

治療後、後戻りは起こりますか?

ワイヤー矯正などと同様に、インビザライン矯正にも後戻りが起こります。治療後の後戻りを防ぐためには、リテーナーという保定装置を装着することが重要です。この保定期間中にリテーナーの装着を怠ると、歯は元の場所に戻ろうと動いてしまいます。動かしたばかりの綺麗な歯並びを維持するため、リテーナーは指示通りにお使いください。治療後は後戻りの早期発見や歯の健康管理のためにも、定期的な通院をして経過観察を受けて頂くことをおすすめいたします。