歯科矯正治療の主な目的は、悪い噛み合わせを改善してきちんと噛み合わせられるようにすることです。
自ずと歯並びもキレイに整えられるため、見た目にも改善されます。

矯正治療のメリット

矯正治療には次のようなメリットがあります。

  • 歯並びを治すことで、噛み合わせや咀嚼機能が改善し、健康面においてもよい影響があります。
  • キレイな歯並びはブラッシングがしやすく、虫歯や歯周病などの歯科疾患の予防に役立ち、口臭のリスクも軽減されます。
  • 歯並びが良くなることで口元のコンプレックスがなくなり、笑顔に自信が持てるようになります。

小児矯正

小児矯正

当院では、お子様の年齢や性格、生活環境などにも十分考慮して、成長過程やお口の中の状態に適した治療法で、無理のない矯正治療を行っています。
小児の矯正においては、小児は成長過程にあり骨も軟らかいため、成長する力を利用してスムーズに歯を動かし、顎骨を望ましい形へと導くことができます。そのため、抜歯することなく治療が終了するケースも多くあります。
お子様の歯並びについて気になることがございましたら何でも、当院までお気軽にご相談ください。

子供の不正咬合と治療のタイミング

成人矯正はいわゆるワイヤー矯正が主体ですが、永久歯は生え揃う前の小児矯正とは一体どんなことをしていくのでしょう。
また開始するタイミングはいつが最適なのでしょうか。
基本的に開始するタイミングは早ければ早い事が良い訳ではなく、お子様それぞれお口の症状が違うためタイミングは異なってきます。

不正咬合は大きく5つに分けられますが、一番早期の治療が必要なのは反対咬合の治療が乳歯列から始まる事が多いですので3歳や4歳の時期からスタートする事があります。
これは、小児矯正でも最も大切と言っては過言ではない、口腔周囲筋のトレーニングが必要な為です、いわゆるガタガタ(叢生)や出っ歯(上顎前突)の患者様は大体小学校に入り、永久歯前歯と6歳臼歯が生えてくる6歳以降が多いです。

小児の装置の種類

小児矯正では沢山の種類の装置の中から使用するものを選び、成長に合わせて変更していきます。
可徹式装置といって自分で取り外しが可能な装置が多く、歯列を広げたり、骨格のバランスを調整するものが多いです。
そこに歯を並べる成人と同様にワイヤー矯正を併用する事が多いです。

大人も子供も歯列矯正を開始すれば、その後は通院しなくて良いと思っている人も多いですが、歯列矯正中も定期的にワイヤーやマウスピースの交換はしなくてはいけませんし、口内ケアのために通院する必要もあります。
その都度3,000円から5,000円程度の金額が必要になるので、意識しておいてください。

成人矯正

成人矯正

昨今では様々な目立たない矯正装置の開発・商品化が進んだことで、大人の方の矯正治療も一般的になってきました。
人前に出ることが多いお仕事をされている方、新社会人の方、ご結婚予定の方、長いこと歯並びの悪さが気になられている方など、是非とも当院の矯正治療にて、目立たずに、美しい歯並びを手に入れられてみてはいかがでしょうか。
当院では患者様のお口の中の状態やライフスタイルに合わせて、お一人お一人に適した歯列矯正プランをご提案いたします。

ブライダル矯正

ブライダル矯正

結婚式に向けて行うエステをブライダルエステと呼ぶのと同様に、結婚式に向けて行う歯列矯正をブライダル矯正と呼びます。
ブライダル矯正では、前歯が出っ歯だったり、デコボコしていたり、といった見た目に目立つところを優先的に直していきます。
一生に一度の晴れの日を最高の笑顔で迎えられるように、当院でも精一杯お手伝いをさせていただけたらと思います。

矯正専門医による矯正治療

矯正専門医による矯正治療

当院の矯正治療は、矯正治療の専門医が担当させていただきます。
歯科矯正治療は、矯正歯科ならではの診断能力や治療技術を必要とするため、歯科医師免許取得後に矯正歯科を専門に学び臨床経験を積んできた、矯正治療専門のDr.による治療が望ましいと考えます。

当院で取り扱う矯正装置について

当院で取り扱う目立たない矯正装置には以下のものがあります。

1.クリアブラケット装置

クリアブラケット装置

一昔前にはスタンダードだった、矯正していると一目でわかる矯正装置はメタルブラケット装置というのですが、これはそれぞれの歯の表面に貼り付けた金属製のブラケットという小さな装置に歯並びを整えていくためのワイヤーを通して理想の歯並びに近づけていくものでした。
この金属製のメタルブラケットを目立ちにくいプラスチック製のクリアブラケットに変えたものがクリアブラケット装置です。
マウスピース矯正では適用できないような難症例を含む、ほとんど全てのケースに対応できるのが強みです。

2.マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正は取り外しのきくマウスピースを使用した矯正法です。
定期的に目標とする歯並びに一段階ずつ近付けたマウスピースに交換していくことで歯並びを整えていきます。
矯正装置が透明なマウスピースなので、目立たずに矯正治療を進めていきたい方に適した矯正治療法です。
また、装置に金属を全く使用しないため、金属アレルギーが心配な方の矯正治療にも適しています。
ただし、難症例などでは適用できない場合があります。
当院で扱うマウスピース矯正にはインビザラインとASOアライナーがあります。

インビザライン

マウスピースで顎全体の歯列矯正を行いたい場合に選択されるのがインビザラインという矯正治療法です。
治療に使用するマウスピースは透明で目立たず、目の前で会話をしていても気が付かれないこともあるほどです。

インビザラインを詳しく見る

ASOアライナー

インビザラインよりも適応症例が限定されるマウスピース矯正です。
奥歯の噛み合わせに問題のない前歯部のみの歯列の不正や、矯正後に後戻りしてしまったケース、すきっ歯の隙間を閉じるために用いられます。
インビザラインに比べると矯正費用を抑えられます。

上顎はマウスピース+下顎はブラケット矯正といった矯正治療も選択可能

当院の矯正治療は矯正専門医による矯正となりますので、上顎にはマウスピース矯正、下顎にはブラケット矯正のように別の装置をミックスした矯正治療も可能です。
上顎についたブラケットで矯正をしていることを周囲に気がつかれることが多いものですが、下顎だけなら割と目立ちにくかったりもします。

3.裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)

歯の裏側にブラケットを装着するので、周囲に気づかれずに矯正治療を進めることができます。
ただし、装着時に技術力が求められるため費用は他の装置と比べて割高です。
また、通常のメタルブラケットと比べると約2~3倍の治療期間を要すること、歯の裏側に装置をつけるため、話すことに慣れるまでに半年~1年以上かかることがデメリットで、歯磨きにも工夫が必要です。

4.部分矯正(MTM)

部分矯正(MTM)

1本~数本の歯並びだけを整えたい場合に最適な治療法です。
全体的に行う矯正治療よりも短い期間で、費用も安く抑えることができる矯正治療です。
全体的にではなく、前歯の歯並びだけを治したい、ちょっとした前歯のデコボコや隙間を治したい、といった方には部分矯正をお勧めしています。
部分矯正でも、マウスピース矯正や裏側矯正などの見えない矯正との併用も可能ですので、ほとんど誰にも気付かれることなく矯正治療を進めていくことができます。

当院での矯正治療の流れ

ご相談

現在の歯並びについてのお悩みをお伺いします。気になっていらっしゃることは何でも、ご遠慮なくご相談ください。

検査

患者様の歯並び、噛み合わせ、関係する顎関節の状態まで、検査を行います。

診断

検査終了後、おおまかな治療計画を立て治療費のお見積もりをお出しします。
患者様ご本人とご家族の間での十分なお話し合いにてご判断いただき、治療方法を決定いたします。

治療開始

矯正治療を開始します。

治療間隔・治療期間

矯正装置の調整は使用する矯正装置にもよります。1回の治療時間は30分ほどで終わります。
治療期間は矯正法、使用する矯正装置、治療の難易度によって大きく変わりますが、一般的な治療の目安としては2~3年です。

保定・経過観察

治療後の一定期間は歯の後戻りを防ぐために経過観察を行います。
必要に応じて後戻り防止のための(取り外しのきく)保定装置を装着します。

抜歯・非抜歯の判断について

抜歯・非抜歯の判断について

抜歯というのは、正常な噛み合わせを獲得するときに、絶対にスペースが必要であるときに行う事になります。
また顔貌との関連性も大きくあります。
重度の叢生、上顎前突、下顎前突には抜歯が適応されることが多いですが、患者さまのご希望や口腔周囲筋の強さよっても診断がことなりますので担当医とよく話し合って下さい。

抜歯のメリットは、歯を移動するスペースを設けることですが、治療が完了した後に抜歯を行うと歯並びが戻りにくいと考えられています。
スペースを作る必要性は、抜歯せずにそのまま歯列矯正を行うと不格好な状態に仕上がったり、歯茎が下がってしまう可能性が高いです。
抜歯のデメリットは、歯が移動するまでは隙間ができてしまうこと、その分距離感があくので治療期間が長引く可能性があることです。

歯並びの状態によって、抜歯が必要にはなりますが、非抜歯という選択肢もあります。
重度の不正な歯並びの場合は難しいですが、比較的軽度な状態だと抜かずに済む可能性はあります。
方法としては、奥歯を移動させてスペースを作ったり、歯列の幅を広げるなどして治療していくと抜歯をしない選択肢もあるので歯科医院で相談してください。

医療控除について

医療控除について

歯列矯正は自費診療なので医療費控除の対象になるのだろうか?と気になるかもしれません。一定の条件はありますが、医療費控除の対象になる可能性があります。
その条件は「歯や口腔機能の回復」を目的とした歯列矯正であること、そこを踏まえて医師から歯列矯正が必要だと認められた場合です。
つまり、歯並びが悪くて見た目が悪いから強制したいという場合は、治療にはならないので医療費控除の対象にはなりません。

ただ、一般的に多くの人が歯並びの悪さによって見た目よりも噛み合わせが悪くなっていたり、発音に違和感を感じている人がほとんどです。
ほとんどの場合は医療費控除の対象となる可能性が高いので、不安な場合は主治医と相談してみてください。