痛みの少ないワンランク上の治療を目指して・・・

レーザー治療とは?

医療業界では、50年以上も以前からレーザーが使用されてきました。近年ではレーザーの優れた止血効果や殺菌効果、また痛みが少ないなどのメリットが認められ、歯科医療の分野でも様々な症状に対してレーザーが使われるようになりました。

当院では、数あるレーザーの中でも炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を使用し、一般的な歯科治療から口内炎の治療、また歯ぐきのメラニン除去(黒ずみの除去)にも応用しています。
そのほか、歯周病治療や根管治療、知覚過敏症、小帯付着異常症といった幅広い症状に対しても応用が効き、その治療効果はいずれも高い評価が得られています。

抜歯後の患部にレーザーを当てると、出血を極少量に抑えることが可能です。また、従来の歯科治療に苦手意識を持つ患者様であっても、レーザー治療なら麻酔をしなくても治療できる場合が多く、小さなお子様でも安心してお受けいただくことができます。

レーザーを用いることにより治療の流れが円滑になり、時間短縮にも役立っています。

レーザー治療のメリット・デメリット

メリット

 止血効果に優れ、出血の量を抑えることができます。
 不快感や痛みが少なく、削ったり、振動のある治療に恐怖心を持った患者様でも、安心して治療を受けることができます。

デメリット

 治療内容によっては、保険が適用できない場合があります。

レーザー治療が有効な主な症状

 歯周病(歯周膿瘍の治療)
 歯肉の黒ずみを消す(メラニン除去)
 口内炎・口角炎の治療
 根管治療