歯を失った患者様へ

歯を失った時の選択肢には、入れ歯やブリッジ、インプラント治療などがあります。それぞれの治療法の特徴をしっかりと理解し、ご自身の希望にもっとも合う治療法を選びましょう。 当院ではお電話でのご相談も受け付けていますので、ご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

こちらでは当院で扱う入れ歯の種類や特徴についてご説明します。

〉〉インプラント治療についての詳細はこちら

入れ歯の種類(部分入れ歯・総入れ歯)

部分入れ歯

半蔵門 一番町小川歯科クリニック 部分入れ歯部分入れ歯は、口内の歯が一部欠損したときに装着する、取り外し可能な入れ歯です。部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に金属のバネ(クラスプ)をかけて安定させます。

◎特徴

1.ブリッジのように大きく歯を削ることがありません。
2.日々のメンテナンスが必要です。
3.金属のバネで固定し、入れ歯の床もあるため、異物感を覚えやすく、外見上も目立ちやすいです。
4.固定する際に土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める場合があります。

総入れ歯

半蔵門 一番町小川歯科クリニック 総入れ歯総入れ歯とは、お口の中に歯が1本も残っていない場合に装着する、取り外し可能な入れ歯です。

◎特徴

1.日々のメンテナンスが必要です。
2.入れ歯を固定するご自身の歯がないため、お口の中で安定しない場合があります。

ブリッジ治療について

半蔵門 一番町小川歯科クリニック ブリッジ入れ歯のほかに、失った歯の機能を回復するための治療として『ブリッジ治療』があります。ブリッジとは、失った歯の左右に生えている健康な歯を土台にして、橋をかけるようにアーチ状の人工歯を装着する治療法です。

◎特徴

1.入れ歯と比べると割高ですが、保険適用にて受診いただくことが可能です。
2.金属のバネがないため、装着の際に入れ歯よりも異物感が軽減され、見た目も自然です。
3.入れ歯よりも、しっかりと噛むことができます。
4.ブリッジを装着するため、両隣の歯を削ります。また、支えとなる歯には継続的に負担がかかるため、健康な歯の寿命を縮める場合があります。

当院で扱う入れ歯に用いる素材

入れ歯は主に、次の3つの素材で構成されています。

1. 粘膜に接する床の部分(レジン床や金属床など)
2. 人工歯(レジン歯、硬質レジン歯・陶歯など)
3. 入れ歯を残った歯にひっかけるためのバネ(金属バネ・金属ではない見えにくいバネなど)

各素材には保険適用のもの、保険適用外のものがあり、素材の組み合わせによって安定性や耐久性、審美性などが異なります。患者様のご希望やお口の状態により、どのような入れ歯が良いかをご提案いたします。

レジン床義歯の特徴

半蔵門 一番町小川歯科クリニック レジン床義歯レジン床義歯とは、入れ歯の床の部分がレジン(合成樹脂)で作られたものです。

◎特徴

1. 保険適用で安価に作製することができます。
2. 厚みがあり、装着時に違和感を覚える場合があります。
3. 飲食時に熱が伝わりづらく、耐久性もあまり高くありません。

金属床義歯の特徴

半蔵門 一番町小川歯科クリニック 金属床義歯金属床義歯とは、入れ歯の床の部分が金属で出来ているものです。

◎特徴

1. 金属床義歯は保険適用外の入れ歯です。
2.金属床義歯は薄く作製することができ、装着時の異物感を軽減します。
3.熱が伝わりやすい素材のため、食事の温かさや冷たさをしっかりと感じることができます。
4.チタン製の金属床義歯は非常に軽量で、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャーの特徴

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使用しない部分入れ歯です。
通常の部分入れ歯と比べて、機能性や見た目の美しさに優れています。

半蔵門 一番町小川歯科クリニック ノンクラスプデンチャー1. 保険適用外の入れ歯です。
2. 薄い仕上がりと弾力ある材質によって、快適に装着していただけます。
3. 装着したときに入れ歯の色調が同化しているため、一目では区別できないほど自然です。
4. 金属のバネがなく、アレルギーになる心配がありません。

コンフォート加工の入れ歯の特徴

半蔵門 一番町小川歯科クリニック コンフォート加工の入れ歯コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンと呼ばれるクッション材で覆って加工する特殊技術です。これから作製する入れ歯にはもちろんのこと、現在お使いの入れ歯にも加工を施すことが可能です。 コンフォート加工によって作られた入れ歯は、クッション性と密閉性が大幅に改善され、装着時の「痛い」「噛めない」「はずれやすい」といった従来の入れ歯の欠点を補うことができます。

入れ歯治療を受けた後の注意点

入れ歯は保険適用のもの、自費診療のものに関わらず、作製後は積極的に使って身体に慣れさせる必要があります。せっかく作製した入れ歯も積極的に使用しないと、いつまでも口に合わず、食事をうまく取ることもできません。
入れ歯を自分の身体の一部分として使いこなしていくためにも、入れ歯作製後はお口に早く馴染むように積極的に入れ歯を使っていきましょう。