歯の一生②

こんにちは

千代田区一番町、三番町の方でも通いやすい半蔵門駅から1分にあります一番町小川歯科クリニックです。

本日は、一本の歯を生涯のうちに何回治療できるか?の2回目をお話ししたいと思います。

前回は歯に被せ物を入れていく所までお話し致しました。

被せ物が虫歯になると、神経を取らなければならない事が多いです。

神経を失ってしまった歯がなぜ悪いのか?

虫歯になっても痛みの感覚がないため虫歯になっても気付かない

歯に栄養分を送っている血流が無くなるため、枯れ木のようになり、破れやすくなる

神経の入っている空洞を削らないといけないため破折し易くなる

要するに、ここからはの寿命は、半分ぐらいになります。

さらにしっかり根の治療を行わないと、数年後に根が膿んでくる事があります。

しっかり治療するとはどういう事か

マイクロスコープを使い、汚染を徹底的に取る

ラバーダムをする

根管治療を行う必要な材料が揃っている

ラバーダム、マイクロスコープが非常に成功率を上げるには大事になります。

根管治療をしっかりすると、抜かなくても良い歯を保存できたり、歯を長生きさせる事につながります。

当院では精密な根管治療を行えます、難しい根管であれば無理はせず、提携している専門医への速やかな

紹介が可能です。

根の治療、精密根管治療、にご興味ある方、他院で抜かないといけない歯がある方

一度ご相談にいらして下さい。

お待ちしています

一番町小川歯科クリニック