歯の一生①

こんにちは

千代田区一番町、三番町の方でも通いやすい半蔵門駅から1分にあります一番町小川歯科クリニックです。

本日は、一本の歯を生涯のうちに何回治療できるか?お話ししたいと思います。

1回目は、レジン(プラスチックの樹脂)で虫歯の穴を修復した時

1番ミニマムに治療できる方法ですね

それが虫歯になると

2回目は、小さな詰め物を作ります。ここからは型を取ってはめて修復します。

保険治療だと銀歯が入ります。銀歯は、歯とくっつかないために接着剤を介してはめています。

そのため接着剤が溶けてカタカタ動いてくると、そこに虫歯菌が入り込んで二次的な虫歯になります。

他にも銀歯は硬いので、歯との隙間が出来やすくそこから虫歯になります。アレルギーになりやすい金属なんかも入っているのです。

奥歯であれば金歯は適合がいいし、オススメです。

審美ゾーンであればセラミックは綺麗ですし、プラークも付きにくく丈夫でオススメです。

その詰め物が虫歯になると被せ物になります。

被せ物が虫歯になると歯の神経を抜かないとなりません。

詰め物から一気に神経を取ることもざらにあります。

私の考えとしては、どうにか詰め物の段階をいかに長く持たせるかが歯の一生を持たせる事に繋がると考えます。

だからしっかり適合のいい丈夫な詰め物を入れることこそ

歯を長生きさせる秘訣なのではないでしょうか?

 

一番町小川歯科クリニック